びわの葉茶

最近がんに効くものとして飲ますようになったのがびわの葉茶です。

 

びわの葉茶の効果と成分です。

アミグダリン:抗ガン作用、鎮痛作用

タンニン:腸内整腸作用、抗酸化作用

サポニン:抗炎症作用、抗菌作用、抗アレルギー作用

クエン酸:疲労回復、食欲増進、肝臓病予防

ブドウ糖:エネルギー補給、疲労回復、動脈硬化予防

びわの葉茶の効果

がん予防効果

ビワの葉茶は、ビワの葉に含有されるアミグダリンの働きにより、ガンの予防をするといわれています。

 

利尿効果・去痰効果

ビワの葉茶は、タンニン、サポニンなどの働きにより、利尿、去痰作用があるとされます。

 

胃腸病予防効果・肝臓病の予防改善効果

ビワの葉茶は、ビワの葉に含まれる成分の相乗効果により、胃腸病、肝臓病に効果があるとされます。

 

糖尿病予防効果・高血圧改善効果・アレルギー改善効果

ビワの葉茶は、ビワの葉に含まれる成分の相乗作用により、糖尿病予防や高血圧の改善、アレルギー効果改善に効果があると言われています。

 

 

普段飲むお茶をびわの葉茶に変えるだけで抗がん作用があるというのと、値段もそんなに高くなく、継続できるという点は大きいと思います。

値段は500円前後が多いと思います。

飲み始めて間もないので効果はわかりませんが

 

子宮ガンがほぼ全身に転移し、 腹水や下肢の浮腫がひどく、食事もとれず、お茶さえ飲めない患者にビワ茶をすすめたら、「これなら飲める」と喜ばれ、腹水 や腹部の膨満感も軽くなったという証言もある(帯津三敬病院院長・ 帯津良一医学博士)。

 

というのを信じ継続していこうと思っています。

私が購入していたびわの葉茶です。