免疫療法 オプジーボ

数年前にがんの特効薬として発表されたオプジーボの開発に大きく貢献した本庶佑教授です。

オプジーボは現在手術、化学療法、放射線治療以外の第4の柱となる免疫療法にあたります。

免疫療法は現在では自由診療ばかりで、とても胡散臭いものもたくさんあり、本当に効果があるのかすら疑わしいものもたくさんあります。

その中で保険適用になったオプジーボはがんの特効薬と言われていました。

母のがんがわかった時はまだまだ知られていなくて、しかも皮膚がんと肺がんだけの保険適用だったと思います。

母ががんになったときにオプジーボを受けたいと思いましたが、その当時は主治医はオプジーボは知らない、知っていても使わないと言われました。

温熱療法を20年前の錆びた治療法と言う医者だったので、膵臓がんが保険適用になったとしても使わなかったと思いますけど^^;

 

この受賞は闘病されている方々にとっては希望の光ではないでしょうか?

今回の受賞により広く認知度が上がったのに加え、効果があるとはっきりと証明されたので、オプジーボ投与をしやすくなるのではないでしょうか?

しかし現在オプジーボの保険適応範囲が

  • 悪性黒色腫
  • 切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん
  • 根治切除不能又は転移性の腎細胞がん
  • 再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫
  • 再発又は遠隔転移を有する頭頸部がん
  • 標準治療が不応または不耐の切除不能な進行または再発胃がん(食道胃接合部がんを含む)

だそうです。

色々ながんや末期がんにも効果があると聞きました。

ゆくゆくは全てのがんに保険が適応されればいいなと思います。